海外旅行の費用はできるだけクレジットカード支払いがコツ

日本の鉄道に乗ろうとするときはまず切符を購入します。

ヨーロッパの鉄道旅行で改札を通らず乗車

日本の鉄道に乗ろうとするときはまず切符を購入します。そして改札を通ります。駅員にきってもらったり、自動改札などを通すことで入場することが出来ます。地方の鉄道などでは無人駅のところがありその場合は自由にホームに入れることがあります。路面電車も線路わきにちょっとした待ちスペースがあるだけの場合は切符は電車に乗ってから購入することが多いです。

ヨーロッパではいろいろな国が鉄道で接続されています。鉄道で他の国に行くことができるので、それが旅行の醍醐味といえるでしょう。日本と異なるのは、改札が設置されていない駅が多いことです。ですから切符を購入し、そのまま鉄道に乗り込めます。場合によっては切符を持たずに乗り込めることもありますが、それをすると大変なことになるので注意します。

日本では切符を持っていなければ電車の中で切符の購入をしたり精算が出来ます。しかしヨーロッパの鉄道では持っていない時点で罰金を取られてしまうことがあります。事前に購入していなければいけないルールになっています。また乗るときにはその日付を印字しないといけない場合があります。ホームに印字用の機械が設置されているのでそれを使います。これも忘れないようにします。


Copyright(c) 2019 海外旅行の費用はできるだけクレジットカード支払いがコツ All Rights Reserved.