海外旅行の費用はできるだけクレジットカード支払いがコツ

日本でも続々と増えているLCCは国内線は大阪や関西空港、成田空港などを拠点に、札幌や沖縄、地方空港に行くビンも増えています。

旅行費用を安くしたいならLCCを利用する事も考慮する

日本でも続々と増えているLCCは国内線は大阪や関西空港、成田空港などを拠点に、札幌や沖縄、地方空港に行くビンも増えています。LCCはローコストキャリアの略で格安航空会社を意味していますが、アメリカの航空自由化がきっかけで世界中でLCCが誕生し、大手の航空会社が子会社としてLCCを参入させている場合もあります。LCCの特徴は運航する飛行機が1機種で大手航空会社が乗り入れている空港ではなく、地方の中小の空港を乗り入れていて、タラップを使用し、機内の清掃は乗務員が行い、航空券はインターネットで販売するなどのコスト削減が徹底しています。日本で運航している航空会社は大きく3つに分ける事ができ、大手航空会社、独立系航空会社、LCCとなります。

LCCのメリットは運賃が安く、機内で購入できる食べ物や飲み物、グッズが充実していて、短距離路線でもジェット機という事です。デメリットは、受託手荷物が1個からでも有料で座席指定も有料です。機内に持ち込める手荷物のサイズや数が厳しく、座席の間隔が狭く、毛布やマクラなどのサービスがありません。アクセスが不便な空港やターミナルが利用されている事が多く、遅延や欠航などがあり乗り継ぎの配慮がありません。キャンセルの時の払い戻しや変更手数料が厳しく、座席数の残りによって運賃が変わります。最大のメリットは運賃で、さらにお得なキャンペーンを行っている事もありますので、旅費を安く旅行に行きたい場合にはLCCの利用も考慮した方がよいですが、繁忙期には運賃が高騰しますし、数か月前の予約から搭乗するまで長期間あく予約の場合には、大手航空会社の方が値段が安い場合もあります。


Copyright(c) 2019 海外旅行の費用はできるだけクレジットカード支払いがコツ All Rights Reserved.